HOME>イチオシ情報>買えるお店や値段、なたまめの正体や期待できる効果とは

リーズナブルな価格で継続しやすいです

女性

歯磨き粉にも使われ、歯周病や鼻炎のケア力が期待でき、鼻水がのどに流れ込んでくる後鼻漏の症状が軽減したなどの喜びの声も多く聞かれるなたまめ茶ですが、今はドラックストアなどで簡単に購入できます。価格もかなりリーズナブルで安いものなら数百円、高いものでも3,000円くらいで購入できるので、お茶の代わりに愛飲すれば家計の負担も少なくて済みます。薬でありませんから、症状を抑える効果を期待するなら飲み続けなければなりません。となると毎日飲める価格帯であることが絶対条件となりますが、その点ではかなり優秀といえるでしょう。複数の不快な症状の軽減に役立つので、飲むことで医療費が減らせたり、他のサプリメントを飲まなくて済むようになれば節約にも一役かってくれるかもしれません。

お茶になるのは2種類です

日本茶

なたまめに含まれるウレアーゼやカナバニン、コンカナバリンAのおかげで、鼻炎や歯周病の他にむくみのケアも期待できるなたまめ茶ですが、人気があるだけにたくさんの種類があってどれを選んでいいか迷いますね。お茶に利用されるのは白なたまめと赤なたまめですが、どちらを選んでもあまり変わりはありません。毒性が指摘されていて赤のほうが毒性が強いとか、逆にポリフェノールが多いからいいという説もあるようですが、お茶になった時点ではあまり関係はないというのが現時点での常識として通っています。

自分の状態に合わせて選びましょう

女性

選ぶ基準としては、国産かどうかやブレンドされているほかの成分が自分にあっているか、そして続けられる価格かどうかがポイントになります。なたまめ茶に期待できる効能をより強く求めるならなたまめ100パーセントのものを選び、ほかの効能も併せて求めるならその効能が期待できるものがブレンドされているものを選びましょう。美肌や更年期特有の不快な症状の軽減を求める人には、ハトムギや黒豆がブレンドされているものなどもあります。

広告募集中